COMMUNITY NEWS > 公開済み: 11.6.2020

CRCの新しいプログラムを設計しています

D.dialogueではこれまでCRC(チルドレンリサーチセンター)の取り組みの1つとして、子どもの環境や保育に関わる保育士や専門家、子育て世代などを対象に、これからの時代に対応していくスキルの置き換えのための学びの機会を提供してきました。それは専門的な保育技術ではなく、子どもたちの目線に立ち、プロフェッショナルとして美意識を持って生き働くための学びのプログラムです。今後、私たちはより体系的に計画的に「課題解決スキル」や「リテラシースキル」などを学ぶことのできる環境づくりを目指し、新しいプログラムの開発を進めています。

現在、ホリスティックな視点を持ち日本の保育を問い続ける乳幼児教育専門家とデザイナーの共創により、設計が進んでいます。covid-19との共存が求めれらる時代に、保育園の役割はますますその存在意義が問われることになるでしょう。そして乳幼児教育専門家のキャリアはより大きな可能性に満ちてくるはずです。そうしたときに「どのような方法で考えればいいのか」「どうやって周囲の人たちとコミュニケーションを取ればいいのか」課題を解決していくための「技術」を身につけることで「ありたい未来」に少しだけ近くことができるのだと考えています。

これらのプログラムの導入を検討している事業者の方はメールにてお問い合わせください。​info@d-dialogue.or.jp